タブレット電子帳票i-Reporter
i-Reporter

ホーム > 業務内容 > タブレット電子帳票 i-Reporter

現場も納得!「タブレット電子帳票 i-Reporter」で、
一気に進む現場DX化

タブレット電子帳票 i-Reporterの特長

慣れた帳票で導入もラクラク

現場が長年育てた帳票をエクセルで電子帳票化!
見た目が同じだから、導入教育も少ない時間でOK!
電子帳票の開発や修正もプログラム不要なので、現場改善活動として自ら行えます。
※弊社技術者による開発サービスもございます

入力支援で操作がラクラク

帰社不要!現地で報告完了

同時に、複数拠点から帳票入力を行えます。
上長承認も素早く行えます

システム連携で、転記不要!

i-Reporterで入力された帳票データを、ConMas Serverを通じて、上位システムに連携することもできます。

データプロセスがご提供する「i-Reporter」導入支援サービス

課題解決の答えは一つではなく、i-Reporterの標準機能だけで短期の効果を狙うことも、業務改善や基幹システム連携も含めて長期的な効果を狙うことも、どちらも正解です。データプロセスは、経営課題の優先度や計画、ご予算に合わせた、導入支援サービスをご提供します。

①現状のヒアリングとプレ提案

まずは、現状の紙帳票の運用手順や課題についてお伺いします。 必要に応じて現場見学も行い、システム導入前後の作業時間や手間を比較できる、 プレ提案をさせていただきます。

②トライアル(PoC)環境提供,概算見積ご提示

約1ヶ月間、現行の紙帳票に似せたデモ帳票(1帳票)を、ご提供します。 現場担当者様には、じっくりと使い勝手を体感していただけます。無料の操作講習会もございます。

③要件定義、システム企画のスタート

①②で導入の気運が高まったら、要件定義フェーズをご用命ください。
経験豊富な弊社技術者が加わり、業務設計、データ定義、システム間連携設計を行い、御社向けにしっかりオーダーメイドで要件定義します。

④-a 帳票設計&帳票定義(開発)のスタート

現行の紙帳票は、現場ノウハウの塊。通常の開発手法と異なり、 現場担当者様と弊社技術者が二人三脚で進めることで、真に現場で活用できる電子帳票に仕上げていきます。

④-b システム連携開発・移行設計スタート

基幹システム連携、BIツール連携、IoT機器連携の開発や、システム移行や運用設計も、 経験豊富な弊社技術者にお任せ下さい。

⑤環境構築・キッティング・データ移行・操作説明会

i-Reporterサーバ環境(オンプレ/クラウド)を中心に、必要な環境構築、キッティング、データ移行作業を、弊社技術者が担当します。 必要に応じて、現場担当者様への操作説明会も実施します。

⑥本運用スタート

本運用を始めます。

⑦保守契約・i-Reporterサポート

④-a, ④-bでデータプロセスが開発したシステムの保守契約はもちろん、 i-Reporterの使い方もシムトップス社サポートセンターと連携し支援します。

i-Reporterの多彩な機能

バーコード・二次元バーコード

- コードから帳票を検索
- 品番等のテキスト入力
- 社員証のログインID

計測器からのデータ入力

デジタル計測器から計測値を直接入力。
※対応する計測器は、お問い合わせください。

カスタムマスター

カスタムマスターに登録しておくと納入先を選ぶと、 住所や電話番号、担当者名など任意の項目が自動的にセットされます。 より簡単にミスのない入力が可能です。i-Reporterで最も活用されている機能の一つです。

オフライン環境でも使用できる

現場がサーバと通信できない環境でも、事前に端末へ一括ダウンロードし、作業後に一括アップロードできます。

カスタムメニュー・共通図書ライブラリ

i-Reporterアプリを意識させない専用メニューも作成可能です。

作成・査閲・承認の捺印・サイン

紙帳票の捺印欄も、承認フローで電子化できます。 画像保存以外にユーザーID、年月日・時刻、名前、コメントも電磁的に記録します。

カスタムURLスキーム

業務システムにi-Reporter帳票IDを埋め込むことで直接起動が可能。

システム構成

標準的なシステム構成です。詳しくは、お問い合わせください。

ライセンス形態一覧

ユーザー数、利用環境、システム連携開発などに応じて、最適な御見積いたします。詳しくは、お問い合わせください。

オンプレミス
パッケージ版(PA)
オンプレミス
サブスクリプション版(SU)
クラウド版
利用形態
オンプレミス版パッケージを
お客様環境に導入
オンプレミス版パッケージを
お客様環境に導入
シムトップス社
クラウドサーバー環境を利用
支払形態
導入時に、ライセンスを購入
(永続的な利用が可能)
月額ライセンス使用料を支払い
月額ライセンス使用料を支払い
最低契約期間
1ヶ月
1ヶ月
ユーザー数の増加
上位ユーザー数の費用との差額のお支払いでライセンス追加が可能
増加する月から新たなユーザー数の金額に変更して請求
増加する月から新たなユーザー数の金額に変更して請求
最新バージョン使用条件
年間保守料のお支払いが必要
最新バージョンを使用可能
最新バージョンを使用可能
初期費用
パッケージ価格(初回購入)
 サーバーソフトウェア価格
 ユーザー数に応じたユーザーライセンス価格
なし
初期設定費用
ランニング費用
年間保守料
(パッケージ価格の15%)
ユーザー数に応じた月額費用
(年額一括支払は12ヶ月分の5%引き)
ユーザー数に応じた月額費用
(年額一括支払は1ヶ月分を値引き)

多くの現場で活用いただいている構成例

※一部構成は、外部API連携やシステム連携開発も含みます。

品質管理情報の一元管理

現場基幹システムのデータから検査帳票を自動作成。 各工程で検査結果を入力した後、検査結果を集計用CSVデータとして取得する例。

現場で不具合報告書作成~報告業務が完結

現地で入力支援機能や写真貼付を活用し短時間に報告書を作成、即報告。 帰社後の転記を削減。関係者にも即時共有でき、早急な対策が可能

点検保守フィールドサービスの効率化

現場でカーボンコピーや写真貼付機能を活用しすばやく帳票入力。 その場で報告できるので、帰社しての転記作業が不要です。基幹システムから作業指示やスケジュールも自動配信が可能。

実在庫のリアルタイム把握

入庫処理はバーコードで行い、結果を基幹システムに連携。出庫指示書も基幹システムから生成し作業。常に正確な実在庫数を把握できます。

i-Reporterをさらに便利にするオプションサービス

詳しくは、お問い合わせください。

帳票入力をより便利に i-Repo Scan

iPad,iPhoneのカメラでバーコードを複数同時読取り、帳票に即反映できます。 i-Reporter標準機能ではできない二度読み防止や数字マークのオーバーレイ表示等により現場の作業効率アップにつながります。

蓄積データをより利活用 MotionBoard

現場で入力された帳票データを、経営層が求める視点でデータ分析。 ダッシュボードとして、他システムのデータと組み合わせて表示。MotionBoardの多彩な表現を活かしたデータの見える化も、データプロセスにご相談ください。

i-Reporterサーバ移行、バージョンアップ

オンプレ構成のi-Reporter環境をお持ちのお客様は必見です。 OS, postgreSQLのバージョン最新化やデータ増大に伴うインフラのメンテナンスも、データプロセスにご相談ください。 経験豊富なインフラ技術者が、マイグレーション計画立案から運用設計まで、トータルでお手伝いします。

タブレット電子帳票 i-Reporterに関するお問い合わせ

タブレット電子帳票 i-Reporterついてのお問い合わせ、資料請求等は次の窓口まで、ご連絡をお願いいたします。

電話
06-6453-1266
E-mail
sales@odp.co.jp
担当
タブレット電子帳票 i-Reporter担当窓口