株式会社 F&C ホールディングス 様工程管理IoT
FACTORY IOT

ホーム > 業務内容 > 工程管理IoT導入事例

FFP(FUJIMAKI FREESIZE PLATES)とは、F&Cホールディングス様が展開する完全オーダーメイドの特殊鋼プレート加工サービス。注文を受けてから24時間以内に商品をお客様にお届けすることも珍しくない。この短納期を実現するため、一部工場で試験導入した工程管理システムには、センシング機器の調達コストと壊れやすさに課題であった。今回の新システムでは、導入と保守コスト負担の小さいRaspberry Piを採用し、シンプルな発想と運用で、短期で安価に全工場展開を実現した。

Raspberry Piを IoTデバイスとして活用する

Raspberry Piとはイギリスのラズベリーパイ財団が開発するシングルボードコンピュータ。比較的安価なハードでLinuxベースのOSが動作するので、教育や趣味、製品の試作等で広く使われている。

デバイス調達コストが1/10。全国展開に目処

生産現場は、大小の鋼材プレートが機械に投入され、大きな音と振動が響く、システムには過酷な環境。 一般的に、Raspberry Piは安価ゆえ耐久性が課題と言われるが「旧デバイス価格の1/10。もし壊れたら交換すればいい」との割り切りで採用が決まった。 作業担当者による容易な交換作業を実現するため、データプロセスはシンプルなユニット構造のシステムを提案。結果、運用コストも抑えることに成功。全国の各工場への横展開に目処がついた。

シンプルな操作で、すぐに工程情報が集まる

作業担当者の操作は、部材に付けられた「加工指示書」を所定位置に置くだけ。あとはRaspberry PiがQRコードを自動的に読取り、クラウド(Azure)上のデータベースに登録される。画面入力は一切不要。いつでも生産状況を管理画面で確認できるので、営業担当者も、お客様からの問合せに即応できる。 今後は集めた工程情報を業務改善に活用していく。

現場の声

大阪工場(藤巻鋼材大阪㈱)
工場長小谷さん

「加工指示書を置くだけというシンプルな操作がいい。作業者教育も短くてよい。今後は設備の稼働率も計測し、BIツールで分析して設備の適正配置に挑戦したい」と次ステージへの意気込みを熱く語る。

株式会社F&Cホールディングス

本社
愛知県名古屋市東区武平町
設立
1948年10月
代表取締役会長 兼 CEO
藤巻武利
代表取締役社長 兼 COO
藤巻秀平
事業内容
特殊鋼プレートの製造販売
URL
http://fujimaki-web.co.jp/

「工程管理IoT」に関するお問い合わせ

「工程管理IoT」についてのお問い合わせ、資料請求等は、営業企画部 工程管理IoT担当まで、ご連絡ください。

電話
06-6453-1266
E-mail
sales@odp.co.jp