(本文ここから)
遠隔作業支援ツール ぴあ電さん

電波が使えない環境にオススメ

LED照明LAN(可視光通信)

電波を使った高速データ通信が、Wi-FiやLTE等の普及で一般的なものとなり、工場や企業でタブレットを用いた業務改善も盛んです。しかし、電波障害やセキュリティの問題で、電波が使えず、タブレットを採用できない環境も少なくありません。データプロセスでは、株式会社アウトスタンディングテクノロジーの可視光通信装置(LED照明LAN)を、Wi-Fiの代替手段としてご提案し、タブレットのアプリケーションとともに、業務改善のお役に立てていただいております。 LED照明LAN装置の提案・販売も、データプロセスにご相談下さい。
営業推進部(sales@odp.co.jp)まで

無線LAN(電波)の場合

無線LAN(電波)の場合

有線LANの場合

有線LANの場合

LED照明LAN(可視光通信)の場合

LED照明LAN(可視光通信)の場合
LED照明LAN親機:有線LANのハブに相当。LANケーブルを接続してください。
LED照明LAN子機:USBポートに専用子機を接続してください。初期設定はドライバと専用ツールで行います。

仕様(LED照明LAN親機)

可視光通信機能媒体可視光
通信速度最大24Mbps(物理層理論値)
受光角度+/- 60度
インターフェース方式100BASE-TX
コネクタ形状RJ-45
照明機能全光束1440lm
配光特性2θ1/2 =130°
演色性Ra >= 70
構造外形直径 330mm 高さ 140.5mm
重量2.75kg
電源入力電圧AC100〜240V
消費電力50W

仕様(LED照明LAN子機:USBアダプタ)

可視光通信機能媒体赤外光
通信速度最大24Mbps(物理層理論値)
受光角度+/- 60度
インターフェース方式USB 3.0
コネクタ形状USB Type A
構造外形72×37.5×15 mm
重量35g
電源入力電圧5V (USBバスパワー)
ソフトウエア対応OSWindows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10

(本文ここまで)



現在ご覧のページは:
  1. You are here  HOME
  2. 業務紹介
  3. 製品系ソリューション事業